国内最高レベルの徹底した衛生管理 国内最高レベルの徹底した衛生管理
国内最高レベルの徹底した衛生管理
国内最高レベルの徹底した衛生管理
歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所など
の研究班の調査でわかった。患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換する
よう呼びかけている。 調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口
に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で
滅菌した機器と交換するよう定めている。調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月
までに891施設(28%)から回答を得た。 滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との
回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は
交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。別の県でも同じ調査を07~13年に4回行い、
使い回しは平均71%だった。研究班の泉福せんぷく英信・国立感染症研究所室長によると、多くの歯科では、人手や
費用がかかり、簡単な消毒や洗浄をしただけで繰り返し使っているとみられる。厚生労働省によると、歯科での院内
感染は原因の特定が難しく、国内で明らかになった例はない。 感染症に詳しい浜松医療センターの矢野邦夫副院長は
「簡単な消毒では、機器を介して患者に感染する恐れのあるウイルスもある。十分な院内感染対策を取ってほしい」と
話している。
(2014 年 5 月 19 日 読売新聞)
虫歯治療などで使用する「タービン」を7割の歯医者が滅菌せずに使い回しているという報道がされました。直接体内に
入るものではないですが、唾液や血液が付着しやすいため使用後は高温で滅菌した機器と交換する必要があります。
しかし、残念ながら多くの歯医者でそれがなされていないということです。
やまて歯科では患者様に安心して通院してもらえるように、衛生管理を徹底しております。
やまて歯科の衛生管理のこだわり
導入率5%にも満たない滅菌器 [DACユニバーサル ] の導入
導入率5%にも満たない滅菌器 [DACユニバーサル ] の導入 導入率5%にも満たない滅菌器 [DACユニバーサル ] の導入
やまて歯科では、上の記事でも問題となった「タービン」
の外側だけではく、内側まで滅菌できる滅菌器を導入
しました。内側まで滅菌・注油・乾燥ができる滅菌器は
他になく、全国的にみても導入率が低いのが現状です。
やまて歯科ではすべての患者様に安全な治療を提供する
ために、見えない部分まで手を抜きません。
最高クラスの滅菌システム [DACプロフェッショナル ] の導入
最高クラスの滅菌システム [DACプロフェッショナル ] の導入 最高クラスの滅菌システム [DACプロフェッショナル ] の導入
やまて歯科では、クラスB滅菌器「DACプロフェッショナル」を
導入しました。医科の基準に準じた高度な滅菌が可能なオート
クレーブです。小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準のクラスB
規格をクリア―する高度な機種です。あらゆる種類の被滅菌物を
安全に滅菌することができるとされており、中が空洞になって
いるような歯科用機器でも、中までしっかり確実に滅菌できます。
均一な洗浄・消毒の器具除染用洗浄器 [ ミーレジェットウォッシャー ] の導入
均一な洗浄・消毒の器具除染用洗浄器 [ ミーレジェットウォッシャー ] の導入 均一な洗浄・消毒の器具除染用洗浄器 [ ミーレジェットウォッシャー ] の導入
使用した器具はスタッフによる手洗いが一般的でした。しかしやまて
歯科では手洗いによる “洗いむら” をなくすために、ミレージェット
ウォッシャーを導入し均一な洗浄・消毒を可能にしました。それ
だけでなくスタッフによる洗浄時の針刺し事故のリスクをなくす
ことができ、スタッフの健康を害することがないように配慮しま
した。やまて歯科では患者様もスタッフも安心できる環境を整えて
おります。
使い捨て用品の使用
歯科治療で患者様の口腔内に入るものは全て滅菌できるわけではありません。滅菌できないものは、使い捨て
できるものを用います。
グローブ

グローブ

患者様ごとに交換するものはもちろんのこと、汚れたり血がついた段階で即交換します。
紙コップ・エプロン・ヘッドレストカバー

紙コップ・エプロン・ヘッドレストカバー

紙コップ・エプロンはどの歯医者でも使い捨てを用いていると思いますが、やまて歯科では ヘッドレストカバーをすべての患者様に提供しています。
バリアフィルム

バリアフィルム

歯科医や衛生士が患者様ごとにグローブを交換していても、治療中にグローブのまま器具や パソコン、ペンなどに触れては意味がありません。治療中に触れる部分へは使い捨てバイオ フィルムを貼っております。
スリーブ

スリーブ

シリンジや照射器、口腔内カメラなど、治療中に口腔内に入るものには滅菌できないものが あります。それらには使い捨てスリーブを用います。
薬用シリンジ

薬用シリンジ

歯肉に塗るお薬や根管内に挿入するお薬はシリンジタイプになっております。先端部分は簡易 消毒が一般的ですが、患者様ごとに使い捨てにしております。
衛生管理を徹底することは、患者様に見えない部分ですが、
「質の高い歯科治療」を提供するための最低条件だと考えます。
見えない部分こそ本気で取り組むのは、患者様を思うやまて歯科の姿勢です。
衛生管理

ご予約・お問い合わせはこちらから

美濃加茂市・可児市・関市・各務原市・犬山市の歯医者・歯科医院なら、美濃加茂市のやまて歯科へ。

やまて歯科電話番号

0574-28-7010

やまて歯科ネット予約

診療時間:月火水木金 9:00 ~ 13:00 15:00 ~ 19:30 土 9:00 ~ 13:00 14:30 ~ 17:30

 最終受付  平日 【昼】12:30まで 【夜】19:00まで  土曜 17:00まで

やまて歯科の歯科治療

先頭へ戻る