根幹治療 根幹治療
虫歯が神経まで達してしまうと、根管治療が必要となります。
根管治療は”歯の基礎工事”のようなものです。根管治療は以下の手順でおこなわれます。
根幹治療

根管治療の良し悪しで “歯の寿命” は大きく左右される大切な治療です。

根幹治療

 日本での根管治療は4割近くが再治療になっているという現実があります。

根幹治療
このグラフから読み取れるのは、日常の歯科治療では半分以上の割合で、感染根管処置(再治療、再久治療)
をおこなっていることを表しています。悪くなった歯を再び治療すれば治るかというと、数年後にまた同じ
トラブルに見舞われ、抜歯になってしまうものが大多数です。
再治療にならないために 従来の根管治療との比較!! やまて歯科の根管治療4つの特徴!!

特徴1 根管を見落とさない!! 拡大鏡の使用

特徴1 根管を見落とさない!! 拡大鏡の使用
裸眼では確認しづらかった根管を確実に明示できることで、根管を見落とすことが
ありません。LED 照明を装着して施術します。

特徴2 根管の先までしっかりお薬を届ける!! Ni-Fi ファイルの使用

特徴2 根管の先までしっかりお薬を届ける!! Ni-Fi ファイルの使用
奥歯(大白歯)の根管の多くは、変曲根管(曲がった根管)だと言われています。
根管治療の成功のポイントは、最終的に入れるお薬が入りやすい道筋を作ることです。
従来の手用ファイルでは、変曲根管と同じようにしなることができず、根管内に段差
を作ってしまいます。一度段差ができてしまうと、それより先にお薬を入れることが
難しくなります。Ni-Fiを使用することで、3次元的な変曲根管への対応が可能となり、
根の先までお薬を入れることが可能となります。
※Ni-Fi とは形状記憶合金のことです

特徴3 生体に優しいお薬!! 水酸化カルシウム剤の使用

特徴3 生体に優しいお薬!! 水酸化カルシウム剤の使用
従来の消毒剤は FC(ホルマリンクレゾール)というお薬でした。いわゆる昔の 
“歯医者さんのニオイ” です。しかしFCは組織に害があり、歯科先進国であるアメリカ
では使用が中止されています。やまて歯科では、強力な殺菌作用をもち生体に無害な
水酸化カルシウム剤を使用しております。

特徴4 隙間なくお薬を詰める!! 垂直加圧根充の採用

特徴4 隙間なくお薬を詰める!! 垂直加圧根充の採用
根管内の無菌化が完了したら、隙間なくお薬を詰めます(根管充填)。
やまて歯科では垂直加圧根充を採用しております。 
この方法により、お薬が三次元的にフレキシブルに入っていきますので、隙間なく根管充填
をすることができます。
歯根端切除術、意図的再植術

虫歯が神経まで到達してしまった方、やまて歯科へお気軽にご相談下さい。

ご予約・お問い合わせはこちらから

美濃加茂市・可児市・関市・各務原市・犬山市の歯医者・歯科医院なら、美濃加茂市のやまて歯科へ。

やまて歯科電話番号

0574-28-7010

やまて歯科ネット予約

診療時間:月火水木金 9:00 ~ 13:00 15:00 ~ 19:30 土 9:00 ~ 13:00 14:30 ~ 17:30

 最終受付  平日 【昼】12:30まで 【夜】19:00まで  土曜 17:00まで

やまて歯科の歯科治療

先頭へ戻る