美濃加茂市・可児市・関市・各務原市・犬山市の
歯医者・歯科医院なら、美濃加茂市のやまて歯科へ。

再治療にならないために

やまて歯科の根管治療

やまて歯科の根管治療

むし歯が神経まで達してしまうと、根管治療が必要となります。
日本での根管治療は、4割近くが再治療になっているという現実があります。
根管治療の良し悪しで「歯の寿命」が大きく左右される大切な治療です。

やまて歯科の根管治療
の特徴

POINT

1

根管を見落とさない!
拡大鏡の使用

従来の根管治療は裸眼でおこなわれるケースが多くありました。
やまて歯科では裸眼では確認しづらかった根管を確実に明示できることで、根管を見落とすことがありません。
LED照明を装着して施術します。

拡大鏡の使用

POINT

2

根管の先までお薬を届ける、Ni-Tiファイルの使用

根管の先までお薬を届ける!
Ni-Tiファイルの使用

奥歯(大白歯)の根管の多くは、変曲根管(曲がった根管)だと言われています。 根管治療の成功のポイントは、最終的に入れるお薬が入りやすい道筋を作ることです。
従来の手用ファイルでは、変曲根管に沿ってしなることができず、根管内に段差を作ってしまいます。一度段差ができてしまうと、それより先にお薬を入れることが難しくなります。
Ni-Fiを使用することで、3次元的な変曲根管への対応が可能となり、根の先までお薬を入れることが可能となります。
※Ni-Fiとは形状記憶合金のことです。

POINT

3

身体に害のないお薬!
水酸化カルシウム剤の使用

従来の消毒剤は、FC(ホルマリンクレゾール)というお薬でした。いわゆる昔の「歯医者さんのニオイ」です。
しかしFCは組織に害があり、歯科先進国であるアメリカでは使用が中止されています。
やまて歯科では、強力な殺菌作用をもち、生体に無害な「水酸化カルシウム剤」を使用しております。

生体に害のないお薬、水酸化カルシウム剤

再治療にならないために・・・

 従来の根管治療との違い 

やまて歯科の根管治療従来の根管治療
拡大鏡(細部まで確認)を使用 裸眼(手の感覚で治療)
削る道具Ni-Tiファイル
(三次元的清掃拡大が可能、湾曲根管も可能)
手用ファイル(変曲根管に不向き)
FC(アメリカでは使用中止材料)
消毒剤
仮詰め
水酸化カルシウム(体に無害)
セメント二重仮封(封鎖性が高い)
ストッピング
(ゴムの詰め物で、封鎖性が低い)

やまて歯科の根管治療

拡大鏡(細部まで確認が可能)を使用
削る道具Ni-Tiファイル
(三次元的清掃拡大が可能、湾曲根管も可能)
消毒剤
仮詰め
水酸化カルシウム(体に無害)
セメント二重仮封(封鎖性が高い)

従来の根管治療

裸眼
削る道具手用ファイル(変曲根管に不向き)
FC(アメリカでは使用中止材料)
消毒剤
仮詰め
ストッピング
(ゴムの詰め物で、封鎖性が低い)

やまて歯科ロゴ

やまて歯科の治療内容 TREATMENT

やまて歯科ロゴ

ご予約・お問い合わせ CONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

電話番号0574-28-7010

最終受付 平日 /【昼】12:30まで 【夜】19:00まで
土曜 /【昼】12:30まで 【夜】17:00まで

美濃加茂市・可児市・関市・各務原市・犬山市の
歯医者・歯科医院なら、美濃加茂市のやまて歯科へ。

トップへ戻る